ピナ・バウシュ II

 1940年にゾーリンゲンで生まれたピナは、14歳でエッセンのクルト・ヨースの元でモダンダンスを学びます。その後ニューヨークのジュリアード音楽院で交換留学生として入学し、メトロポリタンオペラバレエ団などで踊っています。その後、ドイツに帰り、エッセンで舞踏大学の教授に就任。数々の作品を発表します。そして1973年にウッパタールバレエ団の芸術監督に就任します。またフェリーニの映画や坂本龍一のオペラにも出演。メディアにも多く登場しています。2009年に惜しくも癌で亡くなりました。享年68歳。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s