ピナ・バウシュ IV

 ピナの生家はカフェを営んでいました。1978年にウッパタールバレエ団でピナ自身がピナの役で踊っています。この作品のテーマは夫婦間の孤独で、その間で苦悩する娘(ピナ自身)の回想という設定です。ダンスの新しい表現の可能性を生み出した作品です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s