ドガと踊り子 I

 印象派の画家エドガー・ドガ(1834-1917)はパリオペラ座の踊り子たちを描いたパステル画で広く知られています。ドガは常々「私の描きたいのはバレリーナではなく、動きと美しい布だ」と語っていたといいます。パリで銀行家の家庭に生まれたドガはいわゆる上流社会に属し、当時社交の場であったオペラ座に子供の頃から通い、慣れ親しんでいました。ドガがそこで見たものは贅沢な宝石と着物に囲まれた踊り子達ではなく、日々の厳しい訓練に通いながらも、苦しい生活を強いられているバレリーナの現実でした。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s